新車のツボ

【新車のツボ75】
日産マーチ・ニスモS試乗レポート

2014.03.26

 このクルマは第65回のジューク・ニスモと同じく、特別スポーツ仕立てを施されたマーチである。カタログには”マーチ・ニスモ”と”マーチ・ニスモS”という2種類があるが、今回のツボグルマは後者。前者は、高速での浮き上がりをゼロにした本格エアロパーツに、絶妙によくできたステアリングホイール、専用サスペンション、パワステのチューニング程度(これだけでも、かなり本格的な内容だけど)にとどまるのに対して、末尾に”S”がつく後者は、それに輪をかけて飛躍的に手が込んだ内容である。

 マーチ・ニスモSは、国内仕様のマーチ唯一の1.5リッター4気筒エンジンを積む(ほかのマーチはすべて1.2リッター3気筒)。まあ、エンジン本体は同社のジュークやキューブなどにも積まれる普通の実用品なんだが、ニスモSではそこにさらに専用のライトチューンを施す。これが第一のツボ。続いてギアボックスも、マーチはおろか日産全体を見ても今や超絶に希少な5MT! これが第二のツボ。

 そのほかにも、各部を専用強化したボディ、よりハードな専用サスペンションに専用ブレーキ、ブリヂストン最強のポテンザRE11というタイヤ、スポーツシート、アルミペダル、専用メーター……と、専用とか最強、スポーツにアルミといった言葉が大好物のマニア筋には、マーチ・ニスモSはツボだらけなのだ。

 さて、そんなマーチ・ニスモSは普通のマーチよりは圧倒的に速い。ただし、失礼ながら、これはあくまでマーチであり、しょせん1.5リッター自然吸気エンジンでしかないのも事実でもある。

 たとえば、これと似たようなスペックをもつ競合車に、スズキ・スイフトスポーツ(第39回参照)やホンダのフィットRSがあり、マーチ・ニスモSがこれらに較べて特別に速いわけではないし、ベース車両のマーチがそもそも小さめで安価なクルマなので、基本フィジカルも余裕たっぷりとはいえない。競合車と同じようなペースで走ろうとすると、マーチ・ニスモSはけっこう乗り手のウデと勇気、そして工夫を必要とする。

 ただ、そういう行為こそクルマ趣味の醍醐味であり、メチャクチャ楽しい。

スペシャルコンテンツ

この記事を読んだ人にオススメ

  • Sportivaの本 スポルティーバから発売されている書籍の一覧はこちらから。
  • Twitter Official Account
  • YouTubeOfficial Account
  • Facebook Official Account
  • 集英社・熊本地震災害 被災者支援募金のお知らせ
羽生結弦2016-2017シーズンカレンダー予約受付中!

羽生結弦2016-2017シーズンカレンダー予約受付中!

壁掛けタイプと卓上版の2種類。詳しくは「集英社BOOK NAVI」で!